新潟県南蒲原郡田上町の第二新卒は厳しい? 自己prと職務経歴書はエージェントの添削を活用

新潟県
この記事は約13分で読めます。

新潟県南蒲原郡田上町で第二新卒は厳しいので転職サイトの条件や実績をみて自己prの準備はとても大事です。
安易に転職するのは損します

転職のサイトで新潟県南蒲原郡田上町の求人の大手に入るのは第二新卒は厳しいですよ。
新卒で入社したけど会社を辞めたい。興味のある仕事が見つかった。いまの仕事は向いてない。と感じたら一度転職活動をしてみるのはいかがでしょう。

第二新卒で転職の心得!

第二新卒

第二新卒で自分に合った仕事を見つける為に行動するのはとても大事です。

  1. 新卒の時にしっかりと企業研究しなかった。
  2. 会社はどこも一緒でしょ。と自分の仕事感を考えたことが無かった。
  3. 実際に入社するとイメージが違う体質の会社だった。
  4. 自分の希望した部署で働けなかった。
  5. 40代の上司の顔が死んだ魚の目をしてる。
  6. 企業文化が古すぎて変わらないと感じる。
  7. 働かないおじさんにイライラしすぎる。
  8. 入ってから知ったが斜陽産業で将来に希望が持てないので業界を変えたい
  9. 営業はつらいのでプログラマーになりたい
  10. やっぱり東京で働きたい
  11. 給料が安すぎる。
  12. 休みを取れる雰囲気がない。。

などなど、いろいろざっと上げましたが、これ。管理人が感じた20代の時の気持ちです。
そして、実際に転職活動を開始しました。

上記の悩みをすべて解決することは無理ですが、一番いやなことから3つくらいは転職することによって解決できます。

1人で悩んでいてもらちが明かないので、転職活動を一歩進めてみるのはどうでしょう。

新卒で入社した会社が合わないから新潟県南蒲原郡田上町の会社を辞めたい。

会社辞めたい

新卒で就職活動をして内定を貰った会社に入社した。

でも、何かが違う。と感じているのではないでしょうか。

良く聞くのが3年は同じ企業で働いた方が良いと言う事でしょうか。

普通は、4月に新卒で入社すると、3カ月程新入社員研修を受けて、7月頃から配属先で仕事をする事になります。

新しい配属先で仕事を始めると、仕事を覚える必要があるので、初めは覚える事が多くてあっという間に年末になる事が多いと思います。

初めは、仕事の成果もガンガン問われる事もないと思いますし、仕事を覚えて早く戦力になるように努力していると思います。

ですが、この時点で違和感を覚える人がいる事も事実です。

例えば、配属先が希望していた職種で無いとか、新入社員研修がほとんどなく、初めから成果を多く求められてプレッシャーが多かったり、
残業も多く、パワハラに感じる職場ったり、体育会系の雰囲気で馴染めなかったりとかですね。

この場合は、直ぐにでも会社を辞めたいと感じる事があるかもしれません。

この時の対処方法として、何種類かあると思われます。

  1. 今すぐ新潟県南蒲原郡田上町の会社を辞めて、次の仕事を探す。
  2. 我慢して、3年働いて次の仕事を探す。
  3. 新潟県南蒲原郡田上町の会社に働きながら次の仕事を探す。

大きく括るとこの三種類で無いでしょうか?

1の今すぐ会社を辞めて、次の仕事を探すのは、避けた方が良いと思います。 まぁ、心が壊れる場合はこの選択肢しかないと思います。 休職刺してもらうと言う事が出来ればよいのですが。

2の我慢するのが一般的だと思います。でも、全く違う仕事をしたいなら3年間が勿体ないですよね。 業種が大きく変わるなら3年を待たないで次の仕事を探すのが良いかもしれません。
例えば、営業→技術職とかですね。

どうしても今の仕事が合わないとか、人間関係が耐えれないと感じているなら、働きながら次の会社を探すのが良いかもしれません。

今は、新潟県南蒲原郡田上町のハローワークや、第二新卒と言って、入社してから3年以内くらいの人をサポートしてくれる転職エージェントや、企業があるので、人生が終わったと思う前に少しの勇気を持って行動してみるのはいかがでしょう。

少し落ち着く必要がありそうですね。

あなたが好きな事はなんでしょう。

好きな事で働けたら楽しいですよね。

就職先はサポートしてくれる人もたくさんいるので
新潟県南蒲原郡田上町の管轄のハローワーク等で相談するのはいかがでしょう。

ネットでも色々と相談できますよ。

リクルートエージェント

エージェント

相談する

⇒⇒⇒

特徴。サイト上だけでなく直接話して一人一人に転職の実現をサポート
自分のスキルに自信が無くても大丈夫あなたの強みを分析
市場価値を把握する手助け
自覚していない潜在スキルの発掘他にも職務経歴書作成が簡単になるレジュメNavi、企業へのヒアリングや独自の情報収集出来た企業の情報をあなたに紹介するサポート。経歴から思考まで含めてキャリアアドバイザーが最適なキャリアプランを考え転職を成功に導いてもらえます。すこしでも20代、第二新卒でスキルに自信が無いあなたも転職のサポートが欲しいと感じたらリクルートエージェントに相談してみるのはいかがでしょう。

管理人おススメの
転職エージェント
↓↓↓↓↓

リクナビNEXT

転職サイト

利用する

⇒⇒⇒

特徴。グッドポイント診断で自分の強みを分析できる
転職成功ノウハウの情報が充実

あなたが受からない理由を診断
はじめての転職パーフェクトガイド
転職のQ&Aが充実

他にもレジュメ完成度診断、転職エージェント活用ガイド、転職成功ノウハウの支援もサポート。

 

[AidemSmartAgent]転職

第二新卒に特化

⇒⇒⇒

特徴。第二新卒に特化して転職をサポート。

関東圏や、関西圏だけでなく、様々な地方の第二新卒の転職をサポート。

あなたの希望を最大限に尊重した求人のご紹介
希望する企業毎に書類・面接対策をブラッシュアップ
選考結果のフィードバックあるので弱点を対策しやすい

社員の定着率が良い長期に働ける環境や、景気に左右されない業績を伸ばしている企業、業界トップシェアなど
社会人としてのスキルが少なくても、意欲が有れば前向きに採用を検討する企業もあるので安心してください。

 

第二新卒AGENTneo

東京で働く

第二新卒特化

⇒⇒⇒

特徴。関東にお住まいで新宿に面談によるサポート

営業の担当者が転職希望の会社にあなたを直接推薦します。
そのため、履歴書では伝わらない、あなたの”イイトコロ”を紹介。

  1. あなたの適職をアドバイス。
  2. 選考通過率を上げるノウハウ
  3. 求人の多くが未経験OKあり

他にも、安心するサポートとして選ばれた企業を紹介してもらえると言う事でしょうか。
例えば、社会保険が無い、離職率が高い、若手を育てる環境がない・・・などの企業をチェックして排除。

 

第二新卒 エージェント とは

第二新卒とは

大学生の時の就職活動で一生懸命企業研究をして自分が希望する企業に内定を頂いたけどなんか違うと感じている。 就職活動を余り出来なくてなんとなく就職してしまった。 第一希望の企業に内定をもらえなくて諦めきれない。などなど色々な気持ちがあって転職を考えているかもしれません。

でも、出来る事なら新卒で就職した企業で定年まで勤め上げることが一番のキャリア形成ができる可能性が高いです。そのことを踏まえてもう一度考える事はいかがでしょう。

もし、やっぱり今の会社はちょっと違うから、転職したいと感じているなら、第二新卒として受け入れてくれる会社も増えているので活用してみるのはいかがでしょう。

第二新卒の定義

第二新卒 おすすめ第二新卒という定義はとても曖昧で決まった定義もないと思います。一般的には大学を卒業して2年~3年以内の社会人経験の少ない人をさすようですが、年齢的に24歳~26歳位の人をさすことがおおいようです。

でも、あなたの人柄や、ヤル気などを考慮する企業もあるので20代は第二新卒として考える会社もあります。このような状況から少しでも興味があるならグイグイ・挑戦してみるのはいかがでしょう。

転職活動は一人ですると心が折れることも多くあるので第二新卒に力を入れている転職エージェントを活用するのがおすすめです。

社会人経験が少ないのをセミナーでサポートや、あなたのキャリアプランを一緒に考えてくれるのが最大の魅力ですかね。
でも、あなたのスキルアップする努力は続けてくださいね。

では、第二新卒の転職に力を入れている転職エージェントを少し紹介しますね。

第二新卒エージェント 比較

第二新卒 定義第二新卒に力を入れている転職エージェントは色々とあります。 でも、どこもあなたのキャリアプランを一緒に考えてもらえると思います。素直にあなたの正直な気持ちを相談するのはいかがでしょう。

リクルートエージェント :社会人経験が豊富でハイキャリアの人が利用する転職エージェントと感じるかもしれませんが、実は就職shopという既卒や、第二新卒の人を対象に未経験で応募可能な企業を紹介するサポートをして貰えます。
就職shopは東京の銀座、新宿、西東京は立川、横浜、千葉、埼玉、京都、大阪、神戸にあります。

アイデムスマートエージェント:転職のキャリアアドバイザーがあなたの「やりたいこと」と「できること」を考慮し、あなたの可能性を最大限活かせるキャリアプランニングしてもらえます。

ワークポート:社会人経験の少ない20代前半から30代前半までの人が多く利用している為、キャリアアップのためのセミナーやキャリアプランのサポートに力を入れています。必然的に20代の転職の情報が多くなっていると思います。

第二新卒エージェントNeo:東京の新宿に通う事ができるなら既卒や第二新卒、フリーターに特化して力をいれているのであなたのスキルアップやキャリアプランをサポートしています。

第二新卒エージェント 評判

ブラック企業に就職してしまったのに、第二新卒で転職活動をしたらまたブラック企業と評判の会社を多く紹介されてしまう。のは嫌ですよね。
大手のホワイト企業は人が辞めないので求人の募集をすることが少ないです。でも、会社規模が小さくなるにつれて人が集まらなくなるので人出不足の所もあります。 諦めないで転職活動を続ける事が大事です。

転職は縁とタイミングです。

後はあなたの気持に正直に向き合う事が大事です。

  • あなたが嫌な仕事は何ですか?
  • あなたが嫌な事はなにですか?
  • あなたが苦手な事はなにですか?
  • あなたが好きな事はなにですか?
  • あなたが好きな仕事はなにですか?
  • あなたが時間を忘れて取り組めることはなにですか?

こんな感じの質問を自分にしてノートに書きだしてみるのはいかがでしょう。

最後に、企業研究はしっかりとして下さい

  1. 業績はよいのか?
  2. 将来性はあるのか?
  3. 自分の関心がある会社であるか?

など新潟県南蒲原郡田上町に対応した転職エージェントに問い合わせるのも大事です。

対応が親切だった
リクルートエージェント
↓↓↓↓↓

第二新卒が厳しいのはなぜか?

第二新卒 厳しい

  1. 新卒で希望の企業に就職できなかったけど諦められない。
  2. 働いた仕事が思うようなイメージと違った。
  3. 自分には今の仕事が向いていない。

仕事のミスマッチや、人間関係など他にもいろいろ事情があると思います。

今の仕事を続けた方がよいのか? 3年我慢して今の職場で働いた方がよいのか? 直ぐにでも転職した方がよいのか? 悩んでいるなら実際に転職活動をしてみるのはいかがでしょう。

実は、第二新卒という定義ははっきりと決まっているわけでないです。 定義が企業によって違うのが現状です。

日本の会社は、新卒を育てて将来、会社をになってくれる人を育てる文化があります。 特に大手企業はその傾向が強いです。 その為、新卒で希望の企業に入社することができないと門が開くことはほとんどありません。

このように第二新卒は厳しい状況がある事を理解する必要があります。

でも、少し目線を変えるとまだまだ第二新卒として活躍できる企業があることも事実です。 新卒で優秀な人材が集まりにくい企業規模だとか、急成長中の会社で若い人を募集している。 新入社員の多様性を持たせるために、少しでも社会人経験のある人を新入社員と同じような扱いで採用することがあると思います。

なので、60歳まで働く必要があるので諦める必要は全くないと思います。

第二新卒の転職は厳しい状況を理解したうえで好きな仕事、やりたい仕事に挑戦するのはありだと思います。

では、どのように挑戦するかというとスキルアップや、転職エージェントを活用してチャンスを見つけることが大事です。

ポイントは、次の仕事が見つかってから会社を辞める事です。

くれぐれも会社を先に辞めて第二新卒として転職活動をする事はさけてください。そのまま正社員としての仕事が見つからない可能性がとても高くなりリスクがどんどん増えていきます。 あと、今の会社より条件の悪い会社で働かないといけない状況になる可能性も上がります。

新入社員で入社して3年以内で辞めるなら一人で転職活動をするのはとても不安だと思います。

個人的な感想ですが、スキルが無くても、職歴が無くても、自分に自信がなくてもしっかりした転職エージェントに一度相談するのがおすすめです。

その点でも、大手の転職エージェントに一度相談してみるのはいかがでしょう。

20代や、第二新卒で少しでも転職を考えているならこちらをクリックして確認してくださいね。 ⇒ リクルートエージェント

第二新卒 就活の方法

第二新卒 転職方法

第二新卒で就活をする時の心得はまた辞めないですか?という反応に対しての自分なりの答えを持っておくことが重要かもしれません。

実際に、第二新卒と定義が明確にあるわけでありませんが、22歳~25歳くらいの人をイメージしている企業が多いです。そして、仕事の成果よりも仕事に対する姿勢を判断基準にしている企業も少なくありません。

 

経験が浅くて、かつ、年下の先輩に対して素直になれるのか?という人間性も重要なポイントです。
要は、人間関係で社内に馴染むことができるか? また、社内の新人と違う他社を経験したメリットを十分に感じられるか?をアピールする必要があります。

 

実際に、仕事の姿勢や、工夫したこと、周りの人とどのように協力して日々の業務にあたっているかがきちんと職務経歴書や面接でアピールすることができないと第二新卒は厳しいと感じる人が多いと思います。

 

ですが、この辺りをきちんと整理してアピールすることで第二新卒で東証一部でトヨタ ホンダのような大手企業に中小から大手に転職できる後輩もいたので逆に強みになる可能性も有ります。

 

要は、バイタリティーと多様性を大手企業は求めていることがあります。

 

他社を経験したので客観的に当社を見てくれる若手がいると自社しか知らない新人の不平や不満と違う目線を持ってくれるというのが人事担当者の期待する所でしょう。

 

例えば、あなたは3年遅れた新入社員です。 同年代の人は3年当社で経験があり、かつ、リーダー的な仕事をし始めています。このような状況であなたは同年代の人との時間的な差をどのように補う事が出来ますか? というような質問が面接である可能性があるのでしっかりと入社してからあなたが活躍できるイメージをアピールするのがおすすめです。

定年まで働きたいと感じる仕事を探すアプローチ!

第二新卒 口コミ

私も第二新卒で新しい会社に活路を見出しました。 でも、結局12年後に転職先の会社が解散して無くなってしまいました。

そんな時に、感じたのは新卒で入社した会社でそのまま働いておけばよかったという事です。

実際に、新卒で入社した時の上司に相談しました。 結局、別の会社に御縁があって今はそちらでお世話になっています。

この経験から感じたのは、自分が少しでも興味がある仕事をする必要性です。

毎週月曜日が嫌だとか、今の仕事は自分に合っていない、お給料が安い、上司や、先輩が尊敬できない。 同僚との愚痴の飲み会が嫌と感じているなら次の仕事を探すのも一つの方法です。

でも、今の職場でその不平不満を解決するアプローチが大事です。

実際に、今上げた不平不満はどこの会社に行っても同じことが起こりました。。(苦笑)

結局、今の環境でその状況を解決しないと未来は無いと感じる出来事が多かったですし、不平不満が解消した後は転職するよりも信頼度も上がって働きやすくなります。

では、問題の解決方法において私が実行に移したアプローチを少し紹介します。

気持ちをノートに書きだすのがお勧めです。
ノートに書きだす自分への質問は次の感じです。
① 今の不平不満をノートに書きだす。
② 10歳くらいに夢中になったことを書きだす。
③ 自分がやりたい仕事を書きだす。
④ 自分が楽しいと感じることを書きだす。
⑤ 自分が満足する毎日を書きだす。
⑥ 自分がやりたい仕事をする為に必要な資格を書きだす。
⑦ 今までの経験でリーダー経験や成果を書きだす。
⑧ やりたい仕事と今までの経験の共通点を書きだす。

上記の書きだした事を見て、異業種でも自分の長所や、気持ちを優先出来そうな業界を探してみるのはどうでしょう。

というのも、新卒で入社した会社は少なくとも学生で就職活動した時に一番希望した会社だと思います。
結局今の会社で問題を解決することが出来たらまた今の職場が一番良い会社だと改めて気付くかもしれません。

それでも、転職しないとダメな時は新潟県南蒲原郡田上町の転職エージェントに相談するのはどうでしょう。

第二新卒の転職を新潟県南蒲原郡田上町の対応地域

新潟県南蒲原郡田上町
石田新田  川船河  坂田  千苅新田  曽根新田  田上  羽生田  原ケ崎新田  保明新田  湯川  横場新田  吉田新田  

管理人おススメの
転職エージェント
↓↓↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました